クームス試験
Coombs' Test
正常値
(−)

 赤血球に対する抗体を検出する検査です。免疫性溶血性貧血の確定診断ができます。
 クームス試験には、直接法と間接法があり、赤血球凝集反応で測定します。直接クームス試験は赤血球自体に抗体が結合していることを、間接クームス試験は血清中に自己抗体が存在することを検査します。
 正常値は、陰性()です。直接クームス試験、間接クームス試験の結果を併せて判定します。
 
 直接クームス試験が陽性の場合は、自己免疫性溶血性貧血の可能性があります。間接クームス試験が陽性の場合は、血清中に赤血球に対する自己抗体または不規則抗体が存在していることがわかります。不規則抗体の存在は、妊娠、分娩、輸血による感作の可能性があるため、溶血性輸血副作用や流産、新生児溶血性疾患の危険性があります。

 
         
      Copyright 2001(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved