アミラーゼ アイソザイム
Amylase Isozymes
正常値
P型  30〜60%
S型 40〜70%

 アミラーゼは主に唾液腺細胞、膵腺房細胞から分泌されており、免疫活性、酵素の安定性などの違いにより、P型(膵由来)とS型(膵以外の由来)の2つのアイソザイムに分けられます。アミラーゼ値の異常を認めた場合、そのアイソザイムを測定することにより、原因臓器の特定ができます。
 血清中のアミラーゼ活性を電気泳動法により測定します。
   正常値
P型  30〜60%
S型  40〜70%
 アミラーゼは、膵を主体とした腹部の疾患や唾液腺疾患などで高値となります。
 アイソザイムの上昇  
 P型アミラーゼ
急性膵炎、慢性膵炎再燃時、マクロアミラーゼ血症など
 S型アミラーゼ
唾液腺疾患、外科手術後、アミラーゼ産生腫瘍(肺癌、卵巣癌、大腸癌)、肝胆道疾患、腹部不定愁訴など


  アミラーゼ
リパーゼ

 
         
      Copyright 2001(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved